FC2ブログ

最近の記事


プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

まとめ

料理をする編⑪

■■豚肉のソテー無花果添え■■

豚肉のソテー無花果添え

(写真をクリックすると拡大されます。)

無花果の美味しい季節がやってきました。
ラップに包んで、電子レンジで、2分半でチンすると、甘い香りと味がする材に変わります。
スイスで、マカロニにアップルムースをかけた料理をべたんだが、結構いけたので、これをヒントに、豚肉のソテーに添えてみました。
で、いろんな肉についてインターネットで調べてみました。
★豚肉
1.豚肉は疲れた現代人の体を回復させる心強い味方! 豚肉はビタミンB1含むので、疲労回復にとてもいいのです。ビタミンB1は汗や尿から排泄されてしまうビタミン。だから、非常に蓄積しづらいビタミンB1は毎日とることが大切です。
2.豚肉のカロリーは高くない!豚肉は意外と低カロリーです。ポークソテーはざるそば1杯よりもカロリーが少ないのです。
3.豚肉の脂身がコレステロールを低下させる! 豚肉の脂身には「血液中のコレステロールを下げる脂肪酸」がたくさん含まれています。肥満やコレステロールの増加する原因は、単に肉類のべ過ぎではなく偏った生活にあるといわれています。
4.長生きの秘訣は豚肉料理 良質のたんぱく質を多く含んでいる豚肉は脳卒中の抑制、病気に対する抵抗力を高め、記憶力の衰えを防ぐなどの働きをし、お年寄にも大切な品なのです。
★牛肉
人間には体内で作り出せず、物から摂取しなければならない栄養素がいくつかあります。その一つが必須アミノ酸。牛肉のタンパク質に含まれるこの必須アミノ酸は、体内での利用効率が優れています。そのほかビタミンB1やB2、鉄分、カルシウムなどもバランス良く含まれています。また、肉=太るというイメージがあるようですが、それは大きな誤解。緑黄色野菜やフルーツ、ご飯などと組み合わせれば、牛肉は「健康食」と言えます。日本人は魚をよく食べるので長寿だと言われますが、最近は魚と肉をバランスよく摂取するほうがより良いそうです。
★鶏肉
高タンパクで低脂肪、低カロリーの鶏肉には、脂肪の蓄積やコレステロールの増加を抑えるα(アルファ)リノレン酸がほかの肉より約7倍も含まれています。皮を除いて食べるとさらにカロリーが抑えられるので、ダイエット効果が期待できますね。また、タンパク質やガン予防に有効と言われるビタミンAのほか、ビタミンB1、B2、ナイアシンなども含まれ、体力の回復に役立ちます。脂質にはコレステロールを減らす不飽和脂肪酸が多く含まれているようです。
各々、いろんな特徴がありますね。
要は、多種の食材をお食べなさいという事ですね!!??

■■冷やし中華■■

冷やし中華

まだまだ残暑が続いていますね!
で、冷たい料理!! そう、定番の冷やし中華!!
でも、この写真の冷やし中華はどうですか? 見た目、華やかでしょ??
ミス・ユニバースの栄養管理士であるエリカ・アンギャルの散らし寿司で、兎に角、食材をパラパラ振り掛ける面白さが頭に焼き付いていて、定番の冷やし中華の見た目を何とかな~と悩んでいた時にヒラメキました。
中華の食材もパラパラ振りかけたら?? 
で、出来たのが写真の作品という訳です。
皆さんのご感想は??

■■蛸のカルバッチヨ■■

蛸サラダ

蛸のカルバッチヨです。
ポイントは、マヨネーズの太さです。
糸みたいに細いでしょ!!
4,5年前に代官山で、キャップに細いマヨネーズが絞り出せる注射場針みたいなのが3個ついている100ccぐらいのポリ容器を買ってはみたものの、容器にマヨネーズを入れる手間を考えたら億劫になって全然使わなかった。
で、最近、キューピーマヨネーズのキャップ(2mmぐらいの穴が開いている)をつくづく眺めていて、そうだ!! このキャップに0.5mm穴の注射針みたいなのを着けたのを発明申請すれば良いや!! と意気込んだまでは良かったが、翌日、家内が、ダイソーで売っていたよ!! と言って買ってきました。(やっぱり、皆同じ事考えていたんだと思って、少しガッカリ!!)
インターネットで調べたら、使い始めは、口に銀紙が貼ってあるでしょ? あれを剥がさないで、爪楊枝で穴を開けて使う例が沢山ありました。
搾り出されたマヨネーズ径が2mmだったとすると、4平方ミリメートル、0.5mm径だと、0.25平方ミリメートル、つまり、16倍の量の違いになります。栄養学的にいうとカロリーが1/16に減る。
おお!! 見た目が綺麗になって、カロリーオフ ああ!!  何と素晴らしいんでしょう!!

■■肉じゃが豆腐■■

肉じゃが豆腐

最近のTV番組で、世界各国のおふくろの味は何か? というのがあって、日本は「肉じゃが」だそうです。
で、作ってみました。
レシピは、インターネットの「クックパッド」からパクりました。
「あゆなな」さんのレシピを下記に記載します。
材料 (2人分)
じゃがいも 3個 たまねぎ 1/2個 牛薄切り肉 100g にんじん 1/2本 サラダ油 大さじ1 ダシ汁 2カップ 酒 大さじ3 砂糖 大さじ2 みりん 大さじ2 醤油 大さじ3~4
だそうです。
節電という事で、先ず、圧力鍋で、ジャガイモは10分、糸こんにゃくと豚肉は3分で、柔らかくしておきます。
で、私の場合、肉100gに対しての調味料の割合はちゃんと守りましたが、具材に関しては、デタラメです。
ふわふわお豆腐に嵌って(はまって)いるからです。
じゃがいも、玉葱、人参の代替としての茸、糸こんにゃく、豚肉を鍋に入れ、調味料を入れ、沸騰し始めたら火を止め、冷えたら又火を入れる事を繰り返して、味を濃くしていきました。
で、器に移したら、中央にふわふわお豆腐盛って、葱と天かす(カリカリ感が堪りません。)を振り掛けて、出来上がりです。
熱々の肉じゃがと冷たい冷豆腐の温度差という新しい味覚も加わって、美味しくいただきました。

■■タコライス■■

タコライス

久しぶりにタコライスです。
極めてエスニックな料理だと思います。
水菜、トマト、(チーズの下に隠れて見えないが、)人参、ジャガイモ、等々がタップリ入っています。
勿論、牛肉(オーストラリア産です。日本の牛肉は怖くて使いません。この料理に使ったお肉を買いに行ったスーパーでも、「放射線検査に合格したお肉を販売しています」旨のデカイポスターがありましたが---。)
薄い「とろけるチーズ」を乗せて、電子レンジで、2分でチンしています。

■■辛し蓮根はさみ揚げのサラダ■■

辛し蓮根はさみ揚げのサラダ

気まぐれで、スーパーで、辛し蓮根はさみ揚げを買ってみました。
これを、レタスの上に置き、在り合わせの野菜を散らし、ドレッシングを振り掛けてみました。
脳科学者の茂木健一郎さん曰く、
脳科学の観点からのとっておきの食事法
同じ食事でもより「おいしく食べる方法があります。その第一は、美味しいそうな盛り付けを眺めながら食べると、より味わいが増す「フライニング効果」により、脳の中「感覚野」などが活性化され、実際に口にした時より深い味わいが出来るという脳科学では考えられています。たとえば、スーパーなどから「出来合い」の料理でも、器などにきれいに盛り付けて食べれば脳は「美味しい」と感じると云われています。美しく盛り付けをみると脳の中「感覚野」などが活性化され、実際に口にした時より深い味わいが出来ると脳科学では考えられています。
ですって!!
(私の盛り付けどうですか!!??)

■■ローストチキン茸ソース添え■■

ローストチキン茸ソース添え

大震災、原発の影響で、動物蛋白源のコストが大分変わっていますね!!
東北からの供給が減っている魚が高くなってきていますね!!
国産牛も、汚染飼料が問題になってきていますね!!
で、残るは、豆腐と鶏です。
てな訳で、動物蛋白源はチキンですね!! 宮崎の影響なのか、未だ高いが、それでも一番安い蛋白源ですね!!
鶏もも肉は、圧力鍋で、8分もあれば、充分柔らかくなります!!
私は、もも肉に、包丁で切れ目入れて、味が染み込みやすくなる様にして、塩・胡椒して、フライパンで焦げ目着けたら、圧力鍋に入れて、ベビーリーフ又は長葱等添えて、8分の加圧に充分な水入れて(あまり少ないと空焚きになってしまう)、シュルシュルしています。
(これって立派な節電ですよ!! 2,3分の加熱なら問題ないが、長時間の過熱を電子レンジで行うのは、節電の精神に反します!! )
で、ソースは奮発して、市販の「グラスドヴィアアンド」を使ってみました。
インターネットで調べてみると、
glace de viande
肉汁を煮詰めて濃縮させたもの。通常、 フォン・ド・ヴォー を煮詰めたものが使われ、ソースの仕上げの段階で味の補強として旨みやコクを出すために使われる。また、白いソースに細い線描きにしてデコレーションする場合もある。魚のだし汁で作ったものは グラス・ド・ポワソン (glace de poisson)。
との事でした。
20gづつのアルミレトルトの小袋になっているので、袋から鍋に移して、茸とあえて、お終いです。(市販品を有効に使えば、料理が、簡単になりますよ!!)
これを、チキンにかければ、高級料理になりますよ!!

■■ぎんざ一二岐(いぶき)で父の日と誕生会■■

食前酒梅酒 先附葛で作ったゴマ豆腐の水無月豆腐 御椀梅雨鱧焼き茄子潮仕立て 小田原 箱根 平塚 大磯 三島 鰹を藁で焼く 強肴かつをわら焼き 凌ぎそうめんあなご天ぷら 焼物 太刀魚うに焼きからすみ大根 土鍋で炊いたこしひかり 黒糖アイス

父の日のお祝いと私の早めの誕生会を息子たちと、銀座の一二岐(いぶき)で過ごしました。
普段、別々に住んでいるので、久しぶりに全員集合です。
先ず、食前酒として梅酒をいただきました。写真は1枚だけですが、杯が、本当は、全部絵が違うんですよ!!
次に、先付けとして、葛で作ったゴマ豆腐の水無月豆腐です。
(以下はコピペで、すみません。)
「水無月豆腐は無病息災を祈願する神事で用いられる京都の6月の代表的な和菓子だそうですがこれをお料理に転用したのが このお豆腐だそうです。ゴマ豆腐に小豆をのせてこの時期に出されています。小豆には魔よけの意味があり、三角形に切るのは暑気払いのための氷を表しているそうです。まるでお餅のような食感。とてもマイルドで薄味で揚げだしのようになっていてお品の良いお味でした。わさびをつけていただきました。」
次は、御椀として、梅雨鱧焼き茄子潮仕立て です。ジュンサイを潮に見立てているのだと思います。観て、綺麗な一品です。
で、驚いたのは、御椀の蓋の裏側です。蒔絵の塗り物なんですが、全部、絵が違うんですよ!! 小田原、箱根、平塚、大磯、三島 です。東海道五十三次?? これって、器が53組もあるのかな??
楽しんでいる最中に、板前さんから声があり、これからの藁焼きを行うとの事。専用の炉があって、解体ショーならぬ藁焼きショーです。藁を巻いたを目の前で炙り、皮目をさらにこんがりと焼き付けます。藁の香ばしい香りがあたり一面に広がります。
これが、強肴の藁焼き として出されました。
(又、コピペなんですが、)
「ニンニクの薄切りとわけぎとわさびと五島列島でとれる一番塩であっさりと頂ました。お醤油で頂くよりも本来の味をしっかりと味わうことができたような気がします。又このお塩はちょっと甘みを感じるおいしいお塩でした。」「塩で食べさせるのは、食材に自信があるからだろう。」 
次は、凌ぎとして、そうめん&あなご天ぷら です。
小枝に素麺吊り下げて、御つゆに浸す----何とも憎い演出ですね!!  添えた紅葉の葉の瑞々しい事!! 天婦羅の器が又素晴らしいですね!!
次は、焼物として、「太刀魚うに焼きからすみ大根」です。
これも、先ほどのと同じく、あまりタレを着けていません。余程、材料に自信があるからだと思います。そして、一端は巻いてあって、薄いところの味わい、厚みのあるところの味わいを楽しんでいただこうというお店のメッセージが感じ取られました。
次は、八寸の内の一つと思われる料理が出ました。詳細は、後日、女将さんに確認を取ってからブログします。
次は、土鍋ご飯です。板前さんが、態々(わざわざ)個室まで持ってきて披露してくださいました。先ほどの鰹といい、憎い演出です。
(又、コピペで申し訳ないが、)
「この土鍋で炊いた福島産コシヒカリは白い飯大好きな田舎者の味雷を十分に刺激してくれました・・・以前この土鍋と同じ土鍋を持ってました・・・お焦げが少しできるくらいに炊くと最高に美味い!おかずのいらない土鍋なんです!なかなか手に入りませんが・・・」
で、最後の〆が黒糖アイスです。
(又、コピペで申し訳ないが、)
「黒蜜と小豆の煮たものがのっていました。とてもコクのあるアイスでさらに黒蜜と甘すぎない小豆の煮物で食感と風味を楽しめました。」
帰り、会計を済まして、私の誕生会という事もあって、お土産をいただき、ご主人が、わざわざ、お店の外まで出ていただき、握手して帰りました。
女将さんも素敵な方でした。
又、訪れてみたいお店になりました。

■■刺身■■

鮪刺身 鮪刺身 鮪の刺身

(左から順に今回の作品、09年12月、08年4月の作品です。)

何だかんだ言っても時々は、を食べたくなります。
でも、赤身中心で----。
で、買うのはブロックを買います。
加工は我が家で----。節約!節約!
従って、大根のつまは、一般家庭では無理ですので、これは使いません。
ダイエットの為、野菜類を多めに!! 蒟蒻も使います。
あと、人参は、ピーラーで切って、生でならではのシャキシャキ感を味わいます。後、美観も味わいます。(一石二鳥です!!)
蒟蒻の部分には酢味噌を振り掛け、その他の部分は、オーソドックスに、山葵+たまり醤油で、美味しくいただきました。

■■入りキムタクご飯■■

筍入りキムタクご飯

教室の生徒さんやダンス仲間から時々さし入れをいただきます。
今は、が旬です。そのをいただきました。
で、又々、キムタクご飯が食べたくなりました。
今、家内は、卵を食べるを控える様医者から言われています。
そういう時、この料理はうってつけです。
料理の詳細は、このブログの下から3番目に掲載されています。
今回は、をタップリ入れました。
卵の無いチャーハンと言ったところでしょうか。味はグーです。
でも、この料理は、写真泣かせです。美味しい味というのがなかなか表現出来ません。私が思っている料理の写真3大ワーストは、グラタン、スープ、(炒飯・キムタク)ご飯です。

■■カツ丼■■

カツ丼

地震からの復興が食卓にも現れてきましたね!!
卵10個がバーゲンで98円です! (震災前の水準に戻ってきました! でも限定販売で、長蛇の列です!!)
で、久しぶりに卵を使った料理です。
定番の玉葱以外に、人参・椎茸・レタス等、野菜をタップリ炒めてっと。
卵は奮発して2個をボールに入れ、水1/2カップ、醤油少々加えて、サッツサッツ2回ぐらい軽くまぜてっと。
トンカツは市販品を使い、電気オーブンで加熱してっと。
フライパンに、野菜炒め入れて、トンカツ乗せて、かいわれ大根振り掛けて、火をつけてっと。
グツグツ言い出したら、ボールの溶き卵サッと入れて、周辺がゴトゴト入って、少し白く成りだしたら、火を止めて、フライパンをブルブル震わせながら、御皿のご飯の上にサッと乗せてっと。
半生状態のファファ玉子で、美味しくいただきました。
(こちらの半生は、卵を割ってスグなので、(O111が有りませんから)、安心です。)

■■マッシュポテト■■

マッシュポテト

地震の影響なんでしょうか?
節電--->昔に戻る--->懐かしい素朴な料理の見直しが起きていますね!!
息子がマッシュポテトを作りました。
お母様方は、料理手帳とかレシピカードを宝物の様にして取り扱っていますが、息子はそんな物は持っていません。
パソコンのインターネットで調べて、サッサと料理します。難点は、その通りに作るものだから、4人前とかを作ってしまう事です。少人数の時は余ってしまいます。
それはさて置き、蒸かした後つぶしたジャガイモに、バター、生クリーム、塩・胡椒で味付けすれば終わり。
簡単です。
で、それに、更に、生ハム、ベビーリーフを盛れば、こんなに高級感溢れる料理になりましたよ!!

■■ローストビーフ■■

ローストビーブ ローストビーフ

(左が今回の作品。右が昨年8月の作品(料理をする編?を参照の事。色艶が増しているでしょ??!!)

久しぶりにローストビーフです。
高級なお肉で作れば、当然素材が良いから、いいのが出来るのは、当然です。
私は、100g350円ぐらいのに挑戦しています。
でも、1回買うのは、200g程度です。小さいですから、焼き加減が難しいです。
レストランとかホテルなら、10Kg単位のを、オーブンで1時間ぐらいかけてゆっくり焼いていくので美味しいのが出来ます。こんなに小さいと、そうはいきません。
今回は、お肉に切れ目入れ、スパイスを振り掛け、アルミホイールで包んで、ガスオーブンで、170℃で8分でした。8分経ったら、其の儘、常温まで放置しておきます。
前回(昨年8月、料理をする編?を参照の事。)は、煮て作りました。今回は、焼いて作りました。やっぱり、焼くのが良いのかな?? ウーン、悩ましいところです。

■■蛸サラダ■■

蛸サラダ

魚介類の風評被害も収まって、要は、漁港で放射線検査をするので、これに合格したものだけ、市場に出ているという事なので、「いかなご」と同等に全ての魚介類を危ないと思う必要は無くなってきましたね!!
で、久しぶりに蛸です。
実は、エリカ・アンギャル(日本のミスユニバースの栄養管理士)の散らし寿司(料理をする編?を参照ください。)に使って、余った蛸を使いまわしして、このサラダを作ったんですよ!!
蛸の淡白な味に対抗しての酸味(トマト+チリソース)、紫蘇の緑の対抗しての赤(トマト+チリソース)で、見た目にも補色関係が強い料理が出来ました。



申し遅れましたが、下記の4番目あたりに記載の「豚肉のカナッペ風」は、私の下の方の息子が作った料理です。

■■〆鯖■■

〆鯖 〆鯖 しめ鯖 しめ鯖

(写真をクリックすると拡大されます。)
(左から順に、今回の作品、昨年秋、07年夏、07年春の作品です。作品の出来栄えが確実に上がってきているのが判りますよね!!)

原発の影響でお魚の消費が減らないか心配ですね!!
その応援でも無いが、お魚料理です。
〆鯖が安いですね!!
お皿の中央には、大根の浅漬けを盛って、周辺の蟹かまぼこを振り掛けて赤を演出してみました。
綺麗でしょ??

■■納豆の盛合わせ■■

納豆盛合わせ

納豆の品不足が騒がれていますね!!
でも、購入出来る数量に制限はあるものの、朝一番に買い物に行けば、震災前と変わらない価格で入手が出来る状態になって来ました。
たかが納豆、されど納豆!!
こんな風に、メカブや沢庵と一緒に盛り付けてみると、豪華な感じがしませんか??

■■赤身魚の煮付け■■

赤身魚の煮付け

買占め騒動が、大分収まってきましたね!!
こんな最中、「バーゲン」は中止なのか、今の所どこでもやっていませんね!!
被災地への思いやりでしょうね!!
でも、探すと、バーゲン並みの価格の品物も、結構あります。
で、赤身魚が半身で、100円だったので買ってみました。
金目とかは、800円ぐらいするからお買い得です。
で、このブログで言いたいのは、料理でも、節電(節エネルギー)に貢献する事が出来るという事です。
圧力鍋にお魚入れて、水を少々入れ、醤油とかを入れ、臭み抜きの香辛料入れて、1分間だけシュルシュルして、直ぐ火(叉は電気)を消します。
後は、常温近くまで放置しておきます。
フライパンや鍋で、ゴトゴト煮る必要ありませんよ!!


下記ですが、白身魚のケチャップソースかけの記事を書いた後、頭が冷えてきて、インターネットで調べてみたら、ケチャップ煮と餡かけというレシピが沢山ある事が判りました。餡かけは酢豚の応用品といった感じて、ステーキとかソテーでのケチャップソースかけというのは、ありませんでした。
従って、下記の料理は、私の独断と偏見に満ちた独創ということになりますね!!

■■白身魚ケチャップソースかけ■■

白身魚ケチャップソースかけ

地震が起きて、食べ物が無くなるパニックがおきているそうですが、供給は充分なので、買占めはしないでとの事ですね!!
地震が起きた直後は、ブログなんか書く気が起きなかったが、ようやく書く気になってきました。
で、白身魚が安くなってきましたね!! もう、とは縁を切った方が良いと思います。
TVのケンミンショーで、大阪地方の「鯖の醤油煮」が美味しいと話題になっていましたね!!
でも、裏では、大阪地方の方は、「鯖の味噌煮」が美味しいと言っている様ですね!!
で、こちらも、ケチャップソースベースで餡かけを作ってみました。
(要するに、美味しければ、何だっていいんですよ!!)
カラフルで、美味しくいただきました。

■■豚肉のカナッペ風■■

豚肉のカナッペ風

カナッペ風というのは、土台がパンでは無くて、大根のスライスだからです。
たまの日曜日に息子とお食事会をします。といっても、息子が住んでいるマンションでのお食事会です。
私が、この通りブログに掲載した色んな食事を作るといっても、これは、家内がいるからです。
もし、私がたった1人だったとしたら、こんなにお料理しないですよ!! お料理って結構面倒くさいでしょ!!??
作ったことにより、相手が喜んでくれる。 それが料理の原点だと思います。
現在、独身生活している下の息子も同じ思いだと思います。
(当然、必要条件としては、美味しい事。不味くても、私の努力認めて!!と言うのは通用しませんよ!! お涙頂戴じゃ無いんだから!!)
息子が作った料理を紹介します。
で、土台は大根のスライス、火を通した豚肉を盛って、胡瓜の千切りを盛って、レモンを添えて、スパイスを振りかけて----。
あとは、格好良くお皿に盛り付けて---(この盛り付け(レイアウト)が大事ですよ!! たかが盛り付け、されど盛り付け。いくら、料理が凄くても、この盛り付けが決め手です!! )
何てこと無い料理が、見事、高級料理に変身です!!

■■ボルシチ風和風ステーキ■■

ボルシチ風和風ステーキ

久しぶりに和風ステーキです。
少し、嗜好を変えて、洋風の野菜の煮込みを作って、そこに和風ステーキを盛ってみました。
ボルシチ風の甘酸っぱい味が、ステーキの味と微妙に絡み合って、美味しくいただきました。
和風ステーキで感じたんですが、箸とナイフ・フォークどちらが好みですか?
日本料理は自然体と言うか、たった2本の棒切れ、方や、洋食は、ナイフ・フォークが、魚用・肉用---等、スプーンも同じ。なんでこんなに沢山要るの??て感じ。(私も年取ったかな??!!)
その点、インド料理は凄いですよね。指と手だけあれば、なにも要らないんですものね!!
でも、普通の人は、ハシタナイと思うんでしょ!!??
明治の頃は、何でも進んだ西洋の文化を吸収に汗だくでしたよね!! 
今は、その殻を破りつつあるんですかね?? この先、東洋と西洋とインドの融合。そうそう新しいシリアの文化も取り入れて!! どんな世界になるんでしょうね!!

■■タジン鍋風蕪蒸し豚肉添え■■

タジン鍋風蕪蒸し豚肉添え

今、野菜蒸しにはまっています。
タジン鍋風と言っているのは、タジン鍋を使っていないが、原理的にはタジン鍋のカラクリを利用しているからです。陶器製とかシリコン製とかがブームにあやかって売られていますが、数千円もして高いですよね!
私は、深い大皿と電子レンジ用蓋(100円で買えます。)で代用しています。(有り合わせのものでタジン鍋をしています。)
写真のは、蕪を蒸して、市販の煮豚を乗せたものです。(写真的にはちっとも面白くないですよね!! 要は、蒸し料理の素晴らしさをお伝えしたいのです。)
この写真の場合は電子レンジで8分程蒸して、豚肉を乗せて、更に、2分蒸しています。(注:今回使用した豚肉は、既に煮終わった市販品なので、蕪に味を染み込ませる為に、2分だけ蒸しています。生の豚肉だと、最初から野菜の上に乗せて、10分間蒸します。)
野菜は、2つのグループに分れます。早くできるグループ(人参、里芋、大根、蕪 等)と遅いグループ(ジャガ芋)です。早いグループは10分で良いですが、遅いグループは、2度やると程よい柔らかさになると思います。
下記にも書いてありますが、この料理の素晴らしさは、「加熱時に使用する水分が少ないため、水溶性のビタミンやミネラルが溶出する損失が少なく、熱の通りが良いので油の使用も控えられる。」です。(今回も、水、油は一切使用していません。)

インターネットの書き込みを下記に記載します。
タジンは、マグリブ (北アフリカ) 地域の鍋料理。もともとは、料理の際に使われる陶製の土鍋のことを指した。とんがり帽子のような形の蓋が特徴的な独特な鍋を使い、羊肉か鶏肉と、香辛料をかけた野菜を煮込んだものをいう。 主にモロッコ・アルジェリア・チュニジアで食される。 なお、チュニジアのタジン鍋はポットの形が違う。
伝統的なタジンポットは板ガラスをはめつけた部分と、塗装された外側の二つの部分から形成される。上の口にあたる部分は細く、底の部分は太くなっており、円錐かドーム型の形をしている。このような形状になっている理由は、円錐形の蓋の上部の狭い空間は対流が起こりにくく、温度が低い領域が得られるからである。食材から上がる水蒸気や、食材やハーブなどに含まれる揮発性の香りの成分が、冷たい蓋の上部で冷やされて結露し、再び水滴となって食材のもとへ戻るようになっている。これによって蓋と鍋の隙間にウォーターシールが形成されて密閉状態となり、料理の香りが飛ぶのを防いで風味を逃さない蒸し焼きに最適の条件が得られる。 また、蓋の下のほうだけ水蒸気の対流が発生するため、土鍋の熱を下部に集中させやすいという利点もある。モロッコでは飲料水は非常に貴重だった。そのような風土的要因から、食材の水分だけで調理できるタジンは作られたともいえ、一般的な家庭料理となっている。高さのあるフタは、かさばる野菜を盛り上げても収めることができ、蒸すことで柔らかくなって見かけの量がかなり減るため、多くの野菜を食べられる。加熱時に使用する水分が少ないため、水溶性のビタミンやミネラルが溶出する損失が少なく、熱の通りが良いので油の使用も控えられる。そのヘルシーさが見直されて、現代人の間で人気が出てきている。近年、ヨーロッパのメーカーが電子レンジでも加熱が可能なタジンポットを作成した。しかし家庭用ではダッチオーブンの方が蒸し物であるタジンに適している。圧力鍋で時間を短縮して作られることも多い。
との事でした。

■■キムタクご飯■■

キムタクご飯

秘密のケンミンSHOW を観ていたら、面白い料理が紹介されていて、早速、作ってみたら評判通り美味しかったです。
インターネットに書き込みがあったので、下記に掲載します。
2月10日に放送されていた読売テレビ 秘密のケンミンSHOW では、塩尻市に住む長野県の小学生に人気だという給食メニュー、キムタクご飯 が紹介されて話題になっていましたね!キムチ や たくあん が入った混ぜごはんだから キムタクご飯 とのこと。そんな キムタクごはん レシピ 作り方 について、番組の中で簡単に紹介されていたのでメモしておきました。
?フライパンにサラダ油をひき、豚もも肉を炒める。 ?刻んだ長ねぎ・キムチを加えて炒める。?さらに刻んだ つぼ漬け沢庵を投入する。?ゴマ油・醤油で味付けをする。?この炒め物を熱々ご飯と混ぜれば完成!
との事でした。
(私がTVで聞いた事)
?このレシピを考案したのは、長野県の給食関係者で、長野県は漬物の生産量が全国で2位なのに、子供たちが食べなくなってきているので、何とか漬物を食べてもらおうという事から、これを考えたそうです。
?韓国料理のおかみさんも太鼓判で、韓国でも、子供たちがキムチを食べなくなってきており、これなら、キムチを喜んで食べるだろうとの事でした。


1月26日~30日までハワイ旅行に行って来ました。


■■ナニマウガーデンのバイキング■■

ナニマウガーデンのバイキング

インターネットの書き込みから、下記掲載します。
ナニマウガーデン(Nani Mau Gardens) ナニマウは、ハワイ語で「永遠に美しい」という意味で、この名前は、様々な果樹や、何百もの異なるジンジャー、ラン、アンスリウムや他の外来植物であふれた、この8ヘクタールの植物園に当てはまっています。 植物博物館は、ハワイの花の歴史を紹介し、トロッコに乗るガイドツアーがあります。 ランチバイキングのカフェもあります。約200種類花、100種類のトロピカルフルーツの木々沢山の蘭が咲いています。
との事でした。
で、ランチバイキングを楽しみました。
縮みレタス? かいわれ大根? オリーブ、グリーンピースにチキン、マンゴーです。
チキンや野菜やマンゴーが、美味しかったので、2皿半食べました。(半分というのは、マンゴーが3皿だからです。)
バイキングですから、自分で盛り付けしますが、その盛り付けにも気を使いましたよ!! (写真が綺麗でしょ??) 只、食べれば良いというものでも無いですからね!!
本当は、時間があれば、トロッコに乗るガイドツアーで、いろいろな花を見たかったなあ!!

■■ANA機内食■■

ANA機内食初日

羽田空港からの出発で、成田発より凄く便利になってきました。でも、その分、時差との戦いが激化しているのも事実です。
夜中の0:30に離陸して、暫くすると、(夜中1時頃)、REFRESHMENT COURSE と称して、ビニール袋にクリームパン、スナック等が入ったものが配られます。それを、缶ビールを飲みながら食べて、少し寝たかと思うと、今度は、AM4:44に、(普通だと、ねぼけまなこ状態ですよ!!)季節の前菜の取り合わせ、いなだの照り焼きと蟹ごはん 和風味、ポテトサラダ、叉焼、ハム、チーズとクラッカー、ブレッドロール、蕎麦 が出ました。さっき食べたばかりのお腹からみたら、すごいボリュームです。
それで、私は、ワインを頼みました。フランスはラングドック産の LA BAUME CHARDONNAY です。ミニボトルなんですが、2006年ヴィンテージが、ワイン王国38号にて5つ星の最高評価を獲得しています。今回飲んだのも、2006年産?? 流石に美味しくて、2本も飲んでしまいました。
飛行機の旅とは、食事との格闘です。
そのためには、事前に時差調整をして、夜型人間に体を作り直しておく事が大事ですよ!!
でも、旅行日程によっては、到着後、すぐに、ツアーなんてのもあって、これだと、逆に、眠いツアーになってしまったりして-----。
まあ、それは各自、旅行内容と体力とのバランスを考えてという事でしょうね!!??


(雑学編?に「人は励まされ、励まして生きていく」を掲載しました。ご覧下さい。)

(私のブログのネイチャーを楽しむ編?に、マッターホルンのパノラマを掲載しました。ご覧下さい。)

私のブログのネイチャーを楽しむ編?、料理をする編?、社交ダンスをする編?にスイス旅行が書いてあります。併せてお読み下さい。)


定年おやじの生きがい日記(社交ダンスをする編)(ネイチャーを楽しむ編)(雑学編)とリンクも、お読み下さい。

下の拍手をクリックして下さいね!! 
それとページ左の「FC2ブログランキング」もクリックして下さいね!!













スポンサーサイト
 | HOME |  ▲ page top