最近の記事


プロフィール

定年おやじ

Author:定年おやじ
FC2ブログへようこそ!


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


FC2ブログランキング


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索

まとめ

雑学編③

■■地震3ヶ月■■

地震3ヶ月にちなんだイベントが各地で行われていますね!!
あるTV番組に感銘を受けました。
東北地方なんですが、あるコンサルタントが、地域の児童に対して、次の対策を教えていたそうです。
「先ず、自分が生き延びよ!!」と言う事です。
「お父さん、お母さん、私は自分で努力しますから,気にかけないで下さい!!」
親は、何かあると、自分の子供が気にかかりますよね!!
で、結果的に、子供の所へ駆けつけようとして、親も命を落としてしまう事例が多々あった様です。

■■地震対策用上置棚■■

上置棚

(写真をクリックすると拡大されます。)

あの大地震から1ヶ月が過ぎました。
で、増々、マグニチュード7クラスの東京大地震の可能性が高まっていますね!(私の独断と偏見だけでもなさそうですね!! あちこちの学者が一斉に論文を発表していますね!)
時期的には、3ヶ月目、3年目、30年目ですね!!
先ずは、今回の地震が起きた岩盤の下側(南側)(千葉県の沖合い)に溜まったヒズミが起こす3ヶ月目の地震対策が急がれますね!!
兎に角、一番危ないのが食器戸棚です。(特に、写真の様に高さが2mぐらいあるのが。)
で、巷(ちまた)のホームセンターなどて売られている「つっかい棒」。これはお手軽です。但し、見栄えがよくありません。
次は、本とか、箱を積んでおく方法があります。が、空間の効率的活用になっていません。
で、所謂、特注の上置棚を作る事のが最上です。
でも、特注は高いので、日曜大工で作りました。
?材料は、9mm厚の上質ベニヤ板です。(普通のベニヤ板だと、表面がザラついていて、又、木目も汚いです。)
?板と板を接着するんですから、接着面は、凸凹では無くかつ90度(直角)にする為、ホームセンターの大型のこぎりにカッテイングをお願いします。
?塗装は、水性ニスを15回ぐらい重ね塗りします。(塗る毎に色と艶が増していき、あたかもバイオリンの色艶が出ていくのと同じで、そこに日曜大工の醍醐味が感じられました。写真をみると、天井の梁が、鏡の様に写っているのが判るでしょ??!!)
費用は、ベニヤ板5000円、全かぶせ蝶番3000円、塗料900円、大工料0円でした。(全かぶせ蝶番が結構高いです。普通の蝶番だと200円程度ですから----。)
(このブログをご覧になっている奥様方へ-----。このブログを見てあなたもやったら!---- とダンナ様を責めないでくださいね!!)

■■棺の娘、指環と一緒に 結婚の夢かなわず■■

下記の記事(日経新聞Mar/28/朝刊)には、涙が止まりません。

★★被災現場から見つかったショルダーバッグの中には半年前に恋人と見た映画の半券が大切に残っていた★★

福島第1原子力発電所の事故の影響で、屋内退避区域を抱える福島県南相馬市の避難所で、同市の会社員、森吉安さん(51)の一家はとどまっていた。大津波にのみ込まれ、6日後に遺体で見つかった次女の希美(のぞみ)さん(21)の火葬を待っていたためだ。長い順番待ちの末、27日、ようやく希美さんは家族に見送られた。
地震当日、一家はそれぞれの職場などでバラバラに過ごしていた。強い横揺れの中、吉安さんは職場の工場で製品の落下を懸命に抑えた。妻の智子さん(45)は縫製工場でミシン台の下に身をし、揺れが収まるのを待った。
吉安さんと最初に連絡がついたのは長女の早也果さん(22)。家族はその日遅く、避難所でようやく再会したが、希美さんの携帯電話だけが何度鳴らしてもつながらなかった。
「のんちゃんが友人の家で津波にさらわれた」。2日後の13日、希美さんの知人から最悪の知らせが届いてからは「早く見つかることだけを願って」遺体安置所に通った。家族が白い棺(ひつぎ)に入った希美さんと再会したのは18日午後。吉安さんは「顔にもあざがあったが、すぐに本人と分かった」と振り返る。
希美さんの左手の薬指には指輪があった。早也果さんは「『彼氏と結婚したい』と打ち明けられていた」と明かす。
7m以上の津波に襲われた南相馬市では、27目までに280人以上の死亡が確認され、1千人以上が行方不明のまま。物流は滞り、火葬に使う灯油が不足する状態が続いている。希美さんの火葬の日もなかなか決まらず、「何もしてやれない、情けないオヤジだ」と吉安さんは侮しげに吐き捨てた。
希美さんは高校を卒業後アルバイトをしながら、夜勤のある吉安さんにいつもおにぎりを握って渡してくれた。
「甘えん坊だけど、きちょうめんで優しい子でね」。智子さんは声を震わせる。家は流され、希美さんの写真は残っていないが、知人が被災現場から見つけ出してくれたショルダーバッグの中には半年前に恋人と見た映画の半券が大切に残っていた。
27日夕に行われた火葬。指輪と映画の半券は一緒に天国に送ると決めた。「こんなに早く逝くなんて、バカ」。早也果さんはつぶやいた。

■■大地震続報■■

下記の★★部に続報を書きました。

■■大地震■■

大変な事になりましたね!! 
これをきっかけに国会の与党・野党が、つまらぬ政局に明け暮れしないで、日本の為に機能する事を願うばかりです。
私の状況と言えば、下記の通りです。
品川の新馬場で、ダンスのサークルを開催している最中に地震が起きました。体育館側から、PM3:30に体育館の使用禁止令が出されました。
都営三田線沿いに歩いて帰れば、どこかの駅で、三田線が動くだろうと鷹をくくって、PM4に新馬場を出発、品川神社~品川プリンスホテル~泉岳寺~東京タワー(あれ何だか東京タワーのサキッポが曲がってるぜい!!(家に帰ってから知ったんだが、本当に曲がっていたんだ!! 白内障の手術をした目って本当に良く見えるなあ!! )~日比谷公園~皇居~九段会館(2人亡くなったですってね!!お気の毒です。)~水道橋~後楽園ラクーア~巣鴨駅(これで6時間、でも地下鉄未だ動いていない!!) ええい仕方無い。(だって家内の車を呼んだところで、渋滞・渋滞で無理!!無理!!歩いた方がまだ早い。)(もう夜の9時だよーー!!)何だか左足が痛くなってきたぜ!!でも爪先で歩いてみると痛く無いぜ!ってんで、だましだまし西巣鴨まであるいたぜい!! と、あれあれ、都営三田線西巣鴨駅へ行くと、皆、地下へ雪崩れ込んでいくぜい!!あれれ?? 私も連れて、地下に行こうとしたら家内から携帯が---(三田線が動き出したそうだと。)改札を通って、10分程待って、超ラッシュアワーの地下鉄に何とか乗り込んで、志村三丁目で下車、自宅についたのは、PM10です。足には、シップを貼って、サポータでガード。14日の特訓にまで足が回復する事を祈るばかりです。
話は戻るが、PM3:30頃に体育館にいたら、家内からメールがあったんです----「食器戸棚のカップやお皿が踊って、扉を開けるとそれらが落下するので扉を封印している。だから早く帰って」との事。で、結局、PM10~AM1頃までかけて、この問題を解決したんですよ!!どの様に解決したかって??
家に帰ってみたら、食器戸棚がガムテープで雁字搦め(がんじがらめ)になっていました。
家内曰く、揺れている最中、ズッと扉を両手で押さえていたとの事。その後、ガムテープを貼ったそうです。
(確かに地震の最中に手で押さえていた効果はありました。 お手柄です!! だって、昨日マンションのゴミ捨て場にゴミすてに行ったら、破損品コーナーが設けられていて、かなりの破損品があり、ビニール袋には、瀬戸物とか、ガラスとかマジックで書いてありましたからね!! 叉、高島平に住んでいるダンス仲間の所では、水が出て、あたりが散乱して一人では後片付けが出来ない旨のメールがありましたよ!! 私の住んでいるマンションは中台という地名で判る様に、地盤がしっかりしていた様で、揺れの周期が小さかった様です。)
で、雁字搦め(がんじがらめ)のガムテープを取り除き点検してみると、九谷焼の杯は、3個が戸棚の中で落下していて破損していました。
で、コーヒー茶碗セットとかご飯茶碗とかコップが数箇所、扉と戸棚の隙間に挟まっていて、確かにソノまま扉を開けると落下してしまいます。
★★
先ず、壁から戸棚を50cm程前へ出して、次に後ろへ30度ほど傾け、扉の隙間から新聞紙と長い箸を入れて、落下しそうな食器を何とか棚の上に戻して回収する事に成功。(でも、ウインザー風コーヒーカップと小鉢は、各1個がそれでも落下してしまいました。)
で、余震が怖いので、棚と扉の間に新聞紙まるめて入れて、ここ数日は封印しておきます。
被害としては、地震で落下した久谷焼きの杯が3個、ウインザー風コーヒーカップの取っ手が1個、小鉢の角が欠けたのが1個です。

■■テロ対策■■

1月26日~1月30日まで、ハワイ旅行に行きました。

で、オアフ島からハワイ島への飛行機での移動中の機内で、隣の席のアメリカ人らしき幼児2人を連れた夫婦のファミリーなんですが、1リッターのペットボトルで、水を飲んでいました。(あれ?? 機内への持込は100cc以下では??)
又、オアフ島から羽田へ帰る時の事。上記の事を学んだので、手荷物検査(例のX線でのものものしい検査。)を通過して、(つまり、アメリカ国外の場所。)搭乗待ちのロビーの売店で、生花のレイを冷やすための飲料水(350~500ml)を買いました。買う前に店員さんに確認しました。「これは、機内に持ち込んで、日本まではこんでも良いのですか?」と。返事は「OK」でした。
私は、複雑な気持ちになりました。
何故って? あの厳しい手荷物検査では、100ml以下にしなさいとか、今あるペットボトルの飲料は棄てるか飲み干して下さいとか、又、金属探知のゲートと通過する時は、靴も脱いで(アメリカではそうしなければならない。)とか----。しますよね!!
で、これに合格したら、後は、自由に、1リッターでも、買えるんですからね!!
サスペンス映画でよくあるのが、正義の味方の警察署長が、実は犯人だったとか、昔の早大試験問題漏洩事件の犯人が、試験問題印刷所での、用紙盗難防止の見張りをする人だったとか----。
空港の売店で、テロの爆弾の材料が手に入るんでは? と思うのは、考えすぎでしょうか??

■■ライアテア■■

Raiatra2

で、ハワイ島からオアフ島へ移動する為のコナ空港の待合室の売店で、何気なく、CDを視聴していたら、凄い歌声がヘッドフォンに響きました。(この歌声----只者では無い!!と思いました。)
で、これが気に入って買おうとしたら売り切れとの事でした。
ホノルルに到着して、ABCストアを覗いたら、ありましたよ!! で、早速、レジへ持っていったら、駄目と言われました。え? これが売れない? 理由を聞いたら、このジャケットは盗難防止の為、中身は抜いてあるとの事で、その中身が在庫切れとの事でした。
え? だってジャケットが4個も在って、全部駄目?? じゃ、こんなもの展示していたら駄目なんじゃないの?といったら、店員さん、決まり悪そうに、ジャケットを撤去しました。
で、結局、アラモアナショッピングセンター内のヒロ・ハッテイ(有名な雑貨屋さん)の隣にあるsamGoodyと言う、レコードの安売り屋さんにありました。17.79ドルで、日本に帰って調べたら、2800円ぐらいする代物でした。
(閑話休題)
このCDの歌姫はRaiatea(ライアテア)と言います。
インターネットで調べたら、下記の書き込みがあったので、記載します。
★ライアテアちゃんは2005年にナ・ホク・ハノ・ハノアワードの4部門で大賞を受賞したころから着実に活躍の場を増やしていて、ハワイアンのメジャーミュージシャンの仲間入りを果たしました。それでも3枚目になったアルバムでは、以前と変わらない伝統的なハワイアン・ミュージックを展開し、さらに自分の足場を固めたと言えます。最近ではその実績を買われ、オバマ大統領の就任記念イベントにも大統領直々に招待されたそうで。若いのにすごいですね。
★Sweet & Lovely(今回買ったCDの事です。)
ちょっと古い話になるのですが、2005年のナ・ホク・ハノ・ハノアワードの4部門で大賞を受賞したライアテアのセカンドアルバムです。ジャケットの可愛らしさもついつい手を伸ばしてしまうアルバムですが、聞いてみると彼女の歌声にビックリ。音調は比較的に言うと伝統的なほうかもしれませんが、フレッシュでそして何より伸びる!。裏声も本当にきれいです。彼女のこのアルバムは、2006年度のグラミー賞にもノミネートされました。ハワイアンソロシンガーでは女性で始めての快挙なんです。オアフ島出身のライアテアは、まだ21歳。伝統的なハワイアンミュージックも出来る能力と、色んな可能性を持った若さは、本当にこれからを楽しみにさせてくれます。このアルバムも、タイトル通りSweet でLovelyな曲がいっぱい。ぜひ聞いてみてください。
との事でした。
確かに、聞いて素晴らしく、ドギモを抜かれたのは、このCDの5曲目でした。4分間の歌なんですが、2節あって、各節の25秒あたりから、「らあーーーーーーーー」と30秒も息継ぎしないで声を出し続けるんですよ!!

■■神宮外苑絵画館前の麒麟像■■

吽形麒麟 阿形麒麟

神宮外苑の銀杏並木を観に行って来ました。
今年は、猛暑の所為か、黄色が例年に比べて鮮やかです。
並木の写真は、皆さん一杯撮っているので、私がこれをブログに掲載するのは、割愛させていただきます。
で、TVで放映中の、「ブラたもり」を真似する訳では無いが、絵画館前の麒麟像が面白いです。
(ブラたもり面白いですよ! 例えば、銀座の大通りは、昔の東海道を舗装しただけなので、交差点の中央から隣の交差点方向の地平線を眺めると、道が昔の地形通りにアップダウンしていているのがはっきり判る---とか。)
インターネットで調べてみたら、やはり、先達がいて、下記の書き込みがありました。
絵画館の広い前庭の正面、日の丸のポールのサイドに、一対の動物の銅像が、神社の狛犬(こまいぬ)のように絵画館を守っています。私がずっと「馬」だと思いこんでいた動物には、目をこらすと・・・やはり角が・・・
どう見てもユニコーン! なぜまたここに? 西洋建築の絵画館に狛犬は似合わないだろうし、ライオンを置けば三越になるし・・・・それでなの?                     
いえいえ、これは<麒麟(きりん)>なんだそうです。 動物園にいる首の長いきりんではなく、「中国の伝説上の動物。鳥類の長である鳳凰と並んで、獣類の長とされる」おめでたい神聖な生き物、瑞獣(ずいじゅう)。
絵画館の方がおっしゃるには、みなさん「馬」か「ユニコーン」だと考えるんだそうです。おめでたい麒麟さんたちにも出会えた、秋の昼下がりでした。
で、別の、「狛犬」の書き込みで、下記がありました。 
向かって右側の獅子像が「阿形(あぎょう)」で口を開いており、左側の狛犬像が「吽形(うんぎょう)」で口を閉じ、古くは角を持っていた。
との、事でした。

■■白内障手術■■

下記のブログは、時系列的に、下から上へ読んで下さい。

★10日目
?8日目にクリニックに行って、検査の結果、順調であり、普通の生活に戻って良い。但し、目薬は続ける事。
?「激しい運動は避ける事との事ですが、社交ダンスは激しく無いから良いでしょ?」と質問したら、「1ヶ月駄目です!」と言われてしまいました。
?ならば、衣替え! と張り切って、衣装ケースを持ち上げたら、ギックリ腰になってしまいました。(神様が、ちゃんと休息しなさいと罰を与えたのかな??)
---------->これにて、白内障手術のブログは終了です。

★7日目
?ようやく風呂に入れました。(4日目あたりで、背中とか腹が痒くなって、少し赤くなってきたので、水中眼鏡つけて、シャワーを浴びて、漢方系の皮膚科の先生に貰ってあったよもぎ汁+スプレーの薬+軟膏の薬をつけたんですよ!!)
?自転車で、坂道登っても、目の奥の疲れを感じなくなって来ました。
?兎に角、「見え過ぎ」って感じです。PCを操作する時、100円ショップの老眼鏡をつけるんですけれど、画素が、一つ一つ見えるって感じです。

★3日目
?視力1.5の世界って凄いですね! 500m先の人の顔の毛穴1つ1つが見える感じです。
?私の社交ダンスの生徒さんが言うには、「白」って、こんなに白いんだ!という事が判ったそうです。中国の白磁という磁器がありますが、あの微妙な色合いが観える目になったんだと感慨に耽っています。
?逆に、新聞が読めなくなってきました。虫眼鏡で読むんだが、不便この上無い。で、100円ショップで、老眼鏡を買いました。Cという100円ショップとDという100円ショップがあって、両方の店を比較したんだが、おしゃれな老眼鏡(テリー伊藤がTVでかけている所までのド派手は流石にビビルが----)は、Dという100円ショップでした。
?昨日の検査で、少し眼球が腫れているので、寝る前これも点滴して下さいと言われていたが、今日は、これが効いて、家内からも、「今日は目がパッチリしているわね!」と、言われました。

★2日目(術後検査)
?AM9:00受付の時間に間に合う様に歩いている時、左右の風景が前から後へ流れる様に動くのに、足元の地面は、映画のコマ送りの様に、スッと動いて、一瞬止まって、又、スッと動いて見えます。(鳥が首振って前進するイメージで、地面が首振って移動して見える。)
?又、道とか階段の手すりの端を避け切れず、時々、ぶつかってしまいました。
?クリニックで、事前検査があり、1)視力自動検査(穴を覗くと、はるか遠くの丘の上の赤い屋根の協会(?)が見える検査 2)眼底?(穴を覗いていると、突然、バッと、空気を吹きかけられえる)を行いました。(エー!昨日手術したばかりなのに、もう、空気吹きかけるの!!とびっくりしました。)
?眼鏡のレンズをいろいろ変えての検査(太い黒縁のロイド眼鏡みたいなやつ)で、両目とも、視力が1.5ですと言われて、又、ビックリです。
(手術前は、0.2とか0.7でしたから。)

★1日目(手術当日)
?AM9:00受付 点滴を打って、麻酔の目薬を注して、正午に手術。PM1:30家内の車でクリニックを後にする。
?流石に、角膜にメスを入れる瞬間は、少し鈍い痛みが、目全体に走りました。(私の感覚では、注射針を腕に入れる痛みは鋭い痛みに感じられます。痛みの大きさは、注射針を腕に入れる痛みと同等に感じられました。)
?「はい、終わりましたよ!」と言われ、手術用の椅子から立ち上がって、歩く時、目の前にもの凄い量のゴミがいっぱい漂っている様に見えました。(よく、目に埃が入った時、眼球の動きに合わせて、埃が、ピューピューと動くのが見えるあの現象です。この現象は、夕方には消えました。)
?2時間毎に、目薬を注し、1日3回飲み薬を飲み、痛みがひどい時は頓服を飲むことになっています。で、頓服は飲みませんでしたが、終日、強度の眼精疲労に似た痛みがありました。

★(序章)
今日は、私の白内障の手術で、両目を一度に行います。
昨年の健康診断の眼底検査で、左目の写真で、血管が全然写っていませんよ! と言われました。
で、眼科へ行って、検査を受けたら、視力検査で、Cマーク(Cマークの欠けている部分の上下左右を言う検査)が4個も見えてビックリ!
世界一(?)の先生で、片目が5分もあれば終わって、そのまま帰れると言うので、両目を一度にお願いしました。
で、競技会レベルの社交ダンスは、1ヶ月駄目ですよ! と言われました。(社交ダンスの先生をやるのも1ヶ月休みます。)
又、このブログも、暫く、お休みです。--------

と、書きましたが、2日目に入って、PCの画面を立ち上げる事が出来る事が判りました。
(白内障の手術では、人工のレンスを入れますが、遠くを見るのか、近くを見るのか、どちらかのレンスにしなければなりません。遠くを見る方を選択したので、近くを見る場合は、その度に合った眼鏡をかけなければなりません。で、PCを操作するためには、眼鏡が無いと駄目と思っていたのです。ちなみに、私のPCの画面は、19インチで、1024x768ピクセルです。流石に、新聞は、見出しは読めますが、本文は虫眼鏡でないと読めません。)

で、早速、白内障闘病記を書いてみようと思います。(少し大袈裟かな??)






■■父の逝去■■

今年の3月に卒寿のお祝いをいたしましたが、その後、胸部の圧迫骨折で入院いたしました。経過は順調で、老人ホームでは、将棋や囲碁を楽しんでおりましたが、8月14日にヘルペス脳炎で突然倒れ、救急車で病院に運ばれ、懸命の治療を続けましたが、肺炎を併発するに至り、8月21日に帰らぬ人となりました。
10日前の元気な父がよもや亡くなるとは思ってもいませんでした。今は、ただただ、一生懸命頑張っていかねばと思うばかりでございます。今後とも亡き父同様のご指導ご鞭撻をお願いいたしまして、ご挨拶にかえさせていただきます。

■■近衛文麿の書■■

近衛文麿の揮毫

(写真をクリックすると拡大されます。)

京都の桜見物で、お昼をいただいた嵐山公園の松籟庵で観た「近衛文麿公」の揮毫です。
「書は人なり」と言いますが、風格のある書ですね。
若くして、日本の将来を担う人として期待され、西園寺公望のバックアップもあって、総理大臣としては伊藤博文に次ぐ史上2番目の若さで就任するなどしたが、盧溝橋事件以降、迷走を始め、第二次大戦の戦犯となってしまった。最期は、第二次大戦の平和的解決に向けて奔走したが、時既に遅し。日本の首相で唯一の自殺者となってしまった。
良くも悪くも、それなりの人物であり、だからこそ、この書だな!!と思いました。
この人の親戚筋に細川護熙がいて、どちらも芸術家としてのDNAが受け継がれているのだな!!と思いました。








■■ある猿の死■■

下北半島に住む猿を記録し続けるカメラマンがいて、ある猿の死を克明に撮影し続けたTV番組がありました。
雪深い山のくぼ地にジッとして俯(うつむ)いて動かない猿。
ふさふさとした銀色の綿毛の様な毛に覆われていて寒くは無いだろうが、顔はうつろで、眼光も鋭さが消えて----。
カメラマンが言うには、この雌猿を20年近く、ズッと記録していて、人間でいえば、90歳近いそうです。
かっては、沢山の子供を生んで、人間で言えば、子・孫・ひ孫----が沢山出来て----。
野生の猿は群れで移動します。でも、もう一緒に行動する力がありません。覚悟を決めて、一匹だけ群れを離れたのです。付き添ってくれる猿なんていません。孤独な最期の時を待つだけです。
喉が渇いたら、目の前の雪をほお張って----。そのまま、又、ジッと蹲(うずくま)って----。
TVの画面では、かっての小猿が、母親に甘えてつきまとい、跳ね回っているシーン、年老いて、顔中の皺が深く刻まれて、でも、悟りきった、覚悟を決めた雌猿の顔のアップのシーン 等が、走馬灯のように映し出されて----。(涙、涙、涙)
どんな人生(猿生?)を送っても、最期に待ち受けるのは、「死」です。
カメラマンが5日目にそこを訪れると、あの猿が横たわっていました。その死顔は安らかで、自分の猿生(?)を全うし切ったという安堵に満ちていました。(涙、涙、涙)
象でも猫でも「楢山節考」でもそうだが、自分の最期を自分で始末する----。何と素晴らしい事でしょう。
インターネットからの引用ですが、むかし日本の貧しい山村では「姥捨て」という風習があり、70を過ぎた老人は山へ捨ててくるという残酷な間引きが掟として存在し、人々はそれを忠実に守るべく努力してきたそうです。
今の裕福な時代では、こんな事は無く、周りに見取られて死ねます。
でも、寝きりでも無く認知症でも無く恨みを持たない状態であの世に逝きたいものですね!!??

■■松飾り■■

松飾り

我が家の玄関ドアを飾っている松飾りです。
六本木のゴトーフラワーで買いました。
デザインが優雅で崇高でしょ!!??
あまりに素敵なので、いつまでも玄関に吊るして置きたいのですが、そうもいかないでしょう。
で、いつまで飾っておけば良いのでしょうか??
で、インターネットで調べました。

松の内というのはお正月の「松飾り」つけておく期間をいいます。最近では1月の7日までのことをいうようですが、本来は小正月の15日までを「松の内」といいます。ちなみに1日は大正月といいます。
そもそも「松の内」とは新年に際し歳神様を迎えるために道しるべとして門ごとに門松が置かれますがこの松飾りのある期間のことを「松の内」といいます。神様が鎮座するための場所は鏡餅ですね。
年賀状も15日まではOKなのですが、喪中の時に出す寒中見舞いが6日からなのと、丁度七草粥を食べるのも7日なので、どうも7日でお正月は終わりという風潮です。
まー15日まで長々とお正月気分に浸ってもいられないということもありますし。お供餅を割る「鏡開き」も以前は20日に行われていたのですが最近では11日に行ないます。同時に農家の仕事始め「田打ち正月」も11日です。我が家の近所の田んぼも土を返していましたね。
ところで、お役目を終わった松飾りですが、その後どうしましょう?燃えるゴミで捨ててはいけませんよ。また庭先で燃やしてもいけません。最近は焚き火も条例で禁止ですから。
お役目を終わった松飾りは近所の神社の「どんど焼き」で燃してもらいます。「どんど焼き」はお正月のお飾りや書き初めなどを燃やし、その残り火で繭玉に似せたおだんごを木の枝に差して焼くという行事です。
このおだんごを食べると1年間風邪をひかないとか、書き初めは燃えかすが空高く飛ぶと字が上手になるとかいわれているようですね。
 
という事でした。

■■親友orライバル■■

今日のTVで、昔の幼馴染として、立花隆と梅宮辰夫の番組をやっていました。彼らは、近所の友達同士でした。
又、別のTV番組で、「坂の上の雲」をやっています。
その中では、秋山好古(日本騎兵の父と呼ばれる。日露戦争で当時世界最強といわれたコサック騎兵と互角に戦う。)。秋山真之(連合艦隊参謀を務め、バルチック艦隊を壊滅させる。)。
(この2人は兄弟です。)
正岡子規(病床にありながら写生俳句、写生文を提唱。)は、松山市での近所友達でした。
夏目漱石も、松山に英語教師として、彼らと親交がありました。
又、別のTV番組で、坂東英二が言うには、ピッチャー時代に、同じピッチャーでライバルがいた。
憎ったらしいライバルで、俺が投げていて、疲れが出て、そろそろピッチャー交代というタイミングで、そのライバルは、此れみがよしに、坂東に、見せ付ける様に、投球練習を始める。
だが、そのライバルがトレードで、別球団に移籍した。
坂東にとっては、ライバルが居なくなって、将に、俺の天下と喜んだ。
だが、その日の試合で、投げる球が、ことごとくホームラン。
この時、始めて、ライバルの有難さを知ったとの事です。
「孟母三遷」、「門前の小僧習わぬ経を読む」、「朱に交われば赤くなる」----。
小さい頃の、近所同士、お互いが、親友であると同時にライバル。
そういう我と彼が、お互い切磋琢磨しあって、お互いの器をでっかくしていったのですね!!
何と言う素晴らしい事でしょう。何と言う天の思し召しでしょう!!
そこに生まれたと言うのは、宿命だが、その後の出会いというのは、運命だと思います。
(近所同士という事は、それだけ出会いのチャンスが増えるわけだが----。)
宿命は変えられないが、運命は、自分の努力で変えられます。
自分の思うところがあっての出会いがあって、そこから、更なる自分の生き様が生まれる----。
(運命は、自分で、切り開いていくもの。)
これこそ、将に、自分が何でこの世に生を授けられたか?----の、答えがある様の思います。
(切り開いて行く過程が、人生の醍醐味です。と、同時に天が与えた試練でもあると思います。)
私が、定年退職後に、社交ダンス教師(正式なライセンスは取っていないが----。)をしているのも、自分の思うところがあっての様々な出会いがあってこそでした----。これも、天の思し召しという事です。

■■PCの故障続報■■

結論として、HDDのクラッシュです。
よりによって、私のPCで、最悪の事が起きてしまいまいた。
HDD表面に微妙な傷が出来て、読み書きが出来なくなってしまっていたのです。





■■PCの故障■■

大変!!大変!!
私のパソコンが故障してしまいました。
買って、3年半です。
ウイルスソフトのインターネットでの更新で、「更新が終わりました。」「再起動して下さい。」のメッセージが出て----。
でも、この時は、中々画面が変らなくて、痺れを切らして、電源スイッチを押してしまいました。(切ってしまいました。)
で、再度、電源を入れたら、最初は、普段の如く、windowsの旗が出て----。
でも、突然、MS-DOSの画面に変って、「ソフトの更新が上手く行かなくて、障害が発生しました。
セーフモードで動かして下さい----旨のメッセージが出て、セーフモードで動かしたら、突然、画面がフリーズしてしまいました。
はあん!! 
じゃ、DVD側から立ち上げて、セーフモードで動かして、仮終了すれば、問題解決と思いました。
でも、昔とった杵柄では無いが、定年退職して、3年----。ウーン、データの消滅が怖いな!!
インターネットで、お助けマンにお願いしました。
で、お助けマンがいろいろチェックしていました。
?DVD側のセーフモードでも直らない。
?PC背面のいろんなコネクターを一旦外して再度接続するも駄目!!
?本体のカバー外して、ボードを一旦外して再度接続するも駄目!!
で、結局、お助けマンが、本体を会社に持ち帰って、更なる検査をする事になりました。
私としては、マザーボードか、HDDのI/Oボードの故障であって欲しいと祈るばかりです。
会社勤めの時は、一日が終わると、その日の新規とか変更のデータは、必ず、二重に記憶させていたのに----。
私用だと、気が緩んで----。ああ!! 神様、仏様!! HDDのデータは残っていますように!!!!

■■人生の最後■■

TVで、両腕を無くした画家をやっていました。
小さい時の感電事故で、両腕を無くした画家の報道番組をみた女性が、運命的なものを感じて、男性の元を訪づれ、赤い糸で結婚しました。
しかし、男性は女性に対して厳しく当たりました。
(小さい時から苦労してきただけに、人生は何事も甘えがあっては駄目という夫からのメッセージでしょう。)
女性はそれにメゲズ、息抜き出来る夜の合間に絵をこっそり描いていて、それを夫に見付かってしまいました。おまえ何をやっているのか?その絵を見せてみろ!!
その絵をみた夫は何もいいませんでした。
翌日、女性の元に水彩絵具一式が届けられました。
夫からのプレセントでした。
そして、ある日、夫がしみじみ妻に言いました。
俺は、腕が無いのに、こんなに上手に絵が描けるということで評価されたく無いと。
(両腕のある画家と対等に評価されたいのだと。)
又、絵というものは、心で描くものだとも------。
そして、もう寝る!!、 ベッドに連れていってくれと。
寝かせてあげて、布団をかけてあげると、おまえ、そばにきて添い寝してくれと。添い寝してあげると、お前の腕をおれの頭の下にと。妻は腕を夫の頭の下に。
暫くして、あなた! あなた! でも、何の返事もありません。
夫は妻に抱かれて死んでしまったのです。
安らかな死でした。
後日、妻が夫の遺品を整理していたら、ラブレターが見付かりました。
そこには、おまえがいたから、私は絵を描き続ける事が出来たと。

同様に、好きな人に見守られながらあの世に行くストーリーは、映画にもありますね!!

「百万長者の初恋」
富豪の祖父からの遺産相続を受ける事になった高校生。
しかし、条件が、ある田舎の高校を卒業すること。もし、それが出来なかった場合は 相続金は社会に還元されること、そして全ての権利を破棄した場合には、相続されるのは0.1%だけであることが告げられた。
軽い気持ちで、田舎の高校にいったが、もともと、わがままで傲慢なので、とても卒業までいけそうもない。
しかし、クラスの女委員長に惹かれていく。そして、彼女は孤児で、その高校の近くの孤児園で育った。(孤児園の土地は祖父のものだった。)
高校生の親が、しばしば孤児園を訪問していたが、高校生が小学校のころ(?)交通事故で死亡。高校生は孤児となった。
お互いが孤児で、幼い頃に接点があった事で、運命的なものを感じた2人。
でも、彼女は、心臓病を患っていて、余命いくばくも無い。(今年の冬まで持つか??)
そこで、相続される0.1%で、彼女を救おうと決心する。(99.9%は放棄する事を決断したのだ!!)
高校の卒業課題は演劇をする事。
女委員長である彼女の脚本によるミュージカルは大成功。(でも、舞台の上で、彼女は心臓が耐えられず、一度は倒れたが-----。)
終わった後の打ち上げで、2人ブランコに座り、折りしも雪が降り始め、そんな中、彼女が、3分間だけ寝かせてと言って、彼の肩に頭を乗せて、そして、あの世へ旅立っていったのです!!!
(余談:その後、遺産を管理している弁護士が来て、全財産を相続出来る旨伝えた。何故なら、祖父の遺言で、全てを捨てるほど大事なものが出来たら相続を認めると----。又、全てをすててこそ(財産を)守れるのだと-----。)

「君に読む物語」
認知症になった妻。
夫は、何とか妻に、夫を判って貰うために、2人の出会いからの出来事を読み聞かせるのです。
一時は、妻が過去の記憶を思い出し、夫と認識したが、又、元の木阿弥。
でも、夫は諦めません。
その晩も読み聞かせて、夫は妻に寄り添って、眠りにつきました。
翌朝、看護婦さんが様子を見に行ったら、2人仲良く手をつないで、あの世に旅立っていました。

(久しぶりに社交ダンスをする編?に、ルンバのホッケー・スティック(オーヴァー・ターン)を記載しました。(オープン・ヒップ・トゥィストの次)。ご覧下さい。)

私のブログのネイチャーを楽しむ編?、料理をする編?、社交ダンスをする編?にスイス旅行が書いてあります。併せてお読み下さい。)

定年おやじの生きがい日記(料理をする編)(社交ダンスをする編)(ネイチャーを楽しむ編)とリンクも、お読み下さい。

下の拍手をクリックして下さいね!! 
それとページ左の「FC2ブログランキング」もクリックして下さいね!!



スポンサーサイト

コメント

涙した方ありがとうございます

暇潰しに、自分の名前検索してたら、飛んできました。
自分の記事があり、驚きました。
あのころインタビューされるのが物凄く嫌でしたが、こうして知らないところで、涙してくれてる方が居るとゎ。。

ふれあい

インターネットの世界で凄いですね!! ブログの主催者が自分で自分のブログに書き込みするのもなんだけれど、こういう繋がりってのがあるんですね! 妹さんには大変残念な出来事が起きてしまったんですが、お姉さまのその悲しみを乗り越えられる心境になったんですね! 素晴らしい事と思います。これと同じ様な心境として、私のブログの雑学編④の「余命1年の17歳」もご覧ください

その心境になったのでゎなく、この記事の本人ですww
インターネットの繋がりすごいですね!驚きました!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ganbaruteinen.blog95.fc2.com/tb.php/299-c7810b02

 | HOME |  ▲ page top